あんたは誰?



今朝、隣のベランダで発見

フクロウみたいな頭なんだけどトンビの子供やろか?

tonb (1)

近づいても逃げないというか逃げられないようでうちのベランダに保護しました。

羽が傷んでるのは襲われたのかね?

tonb (3)

 詳しい方に電話で聞いたけど結局自然に任せるしかないらしい

役所は休みだしどうしよう?

誰か連れてって~

tonb (2)


※ネットで調べたらアオバズクに一番特徴が似てますね。
 

iMAC復活


OSないのでオークションを探したら合うのがありました(o^o^o)

ハードディスクは手持ちの古い奴を使用。

Macに関しては右も左もわからないのですが、動いてるのがウィンドウズパソコンだけなので、ハードディスクのフォーマット(イニシャライズと言うそうです)が出来んのです。

ウィンドウズのNTFSフォーマットされたハードディスクでは全く認識しないし・・・

調べたらFAT形式でフォーマットしたら使えるらしい・・・がひとまずパーティションの削除をしてまっさらにしてみた。

しかしやっぱり駄目?

ハードディスクが古いのでジャンパピンが付いてますけどこれって邪魔なんかね?

引っ張りぬいて起動させたら・・・あの「ジャーン」って音が出ましたぜ♪ヾ(≧▽≦)ノ彡☆

やっとここまで来たから、分解したままですがOSXをインストールしてみました。




リンゴマーク出た~

imacinst (1)

まともな画面が出た~ヽ(^o^)丿

imacinst (2)

ここまで来ればこっちのもの

imacinst (3)

二枚目のディスクいれてアプリも入れます。

imacinst (4)

ついに Mac OS X起動!!

imacinst (6)

早速全体を組み立てて遊んでみます。

imacinst (7)

これが有名なドックだね。

10年落ちのMacですが、Macを使えるようになるためのトレーニングマシンが出来ました( ̄∀ ̄)ウシシ♪


imacinst (8)


アプリのインストールやアンインストールのやり方は、そのシンプルさと使いやすさに驚きます(@_@;)

しかしWindowsの奥まで入れる詳細な設定がMacでは隠されているのか出てきません。

ボリュームの修復という項目があったので実行してみました。

よくわからないけど検査に合格したらしい(^_^;)

mactyou



使えるようになったのでしばらく遊んでみます。

しかしなんせ古いんで使えるアプリとか限界がありますね。



 

壊れたハードディスク


iMACの整備にトルクスドライバー必須

ハードディスクはトルクスドライバーがあると分解できる!!

という事で壊れたハードディスクの検証でまたまた遊んでます(^_^;)

hdb (1)

ふた部分ネジを全部外しても取れないのでおかしいと思ったらシールの下にネジが隠れてました。

hdb (2)

中身です。

円盤にデータが書き込まれてます。

円盤が超高速回転してるところへアルミのヘッドが左右に動いて表面のデータを読み取るって仕掛け。

hdb (3)

円盤に傷が付いてますね。

これが故障の原因です。

しかしなんで傷つくのかね~?

hdb (4)

このハードディスクはプラッターが3枚あるのでヘッドも3連

昆虫の触角みたいなのでデータを読み取るんですね。

物理的に動くんだから壊れるのが当たり前ちゃ当たり前ですな。

hdb (5)

コントロール基盤とヘッドを動かす磁石
 
hdb (6)
 
この磁石は超強力です、くっつくと私の手でははがせません。

精密なヘッドコントロールするためにはこれくらい強い磁力が必要なんですね。

ネオジムなどの合金を使うと磁力が強くなるのです。

これが有名な某国の日本の企業ぶっ潰す切り札に使った希少鉱物

失敗したけど( ̄∀ ̄)ウシシ♪

hdb (7)
 

 
最新コメント
記事検索
新着記事
  • ライブドアブログ