観光

通潤橋


昨年なら水が出てるところを見れたのにね~

思ったより小ぶりな水道橋でした。

 tujyun (1)

近くで見ないのはもったいないので行きました。

しかし道はキツかったヾ(- -;)

tujyun (2)

修理工事の概要です。

四角い石に穴開けて水を通してるんやね。

tujyun (3)

ヒィヒィ言いながらやっと工事現場を見れる仮設展望台へ来たぜ。

水路に水が流れてますけど、この水を通潤橋へ流してるのね。

tujyun (4)

水門を閉じてますな。当たり前ですが(^^ゞ

tujyun (5)

石の水道管を通って水が橋に流れて行くのが理解できました。

ブルーシートがなくなって放水出来るようになったら再び訪れたいな。

tujyun (6)

橋の図面も閲覧できます。

tujyun (8)

駐車場へ展示?されてた牛とホニャララ?

tujyun (7)


続く

本命の熊本城へ


くまモンの街へ来ました(^_^)

 kumamon

近くの駐車場へ車を置いて城の敷地へ来たらシートかけた石垣があちこち。

kumamotosiro (2)



kumamotosiro (3)

壊れてない部分に鉄の網をかぶせて崩壊しないようにしてるようです。

kumamotosiro (4)



kumamotosiro (5)

修復経過を画像で表示

kumamotosiro (6)

ブルーシートも

kumamotosiro (7)

崩れてないと思ったら角には落ちた石が。

kumamotosiro (8)

修復中の本丸がチラッと見えた。

kumamotosiro (9)

壊れてない石垣と修復を待つ石。

kumamotosiro (10)



kumamotosiro (11)

棒庵坂ねぇ

kumamotosiro (12)

足が棒になる坂と言うのを実感したぜ(-_-;)

kumamotosiro (13)


kumamotosiro (14)

何丸なのか知らないけど低い石垣が全滅やね。

kumamotosiro (15)

石垣の際に木を植えるのは壊れてくださいと言うようなもんですな。

kumamotosiro (16)



kumamotosiro (17)

なんとか神社からの本丸

堀が深い(・_・;)

kumamotosiro (18)

足場とクレーン、補修作業頑張ってください。

kumamotosiro (19)

熊本城はとにかく広かった。

kumamotosiro (20)

帰りも棒庵坂、ほんとにキツイとこやね。

kumamotosir

この後通潤橋へ行くルートの途中で益城町を通過しました。

撮影出来ませんでしたが仮設住宅の団地のようなところを見てまだまだ復興出来ていないのを実感。

屋根にブルーシートもぼちぼち見られます。

私たちにできることは遊びに行ってお金を落とすくらいしかありませんね。

通潤橋へ続く



昨年熊本地震で行けなかったところへ


リベンジぢゃ

福岡の結婚式後に熊本城を見ようと計画を立ててました。

結婚式には出れたけど前後の地震ですべてパァ(;_;)

一年ちょっとぶりに某日、一泊二日の九州弾丸ツアーへお出かけしました。

午前4時起きで八幡浜臼杵フェリーへ乗船、8時過ぎ到着

hakusuidam (1)
 
まずはヨット仲間の自宅近くにある某焼酎会社CMで話題になった白水ダムへ。

正式名称は白水溜池堰堤(はくすいためいけえんてい)なんだそうです。

hakusuidam (2)

真っ白なレース模様の水流は実物見ないとね。



造形美に惚れ惚れしますな(^◇^)

1934年(昭和9年)4月に着工し、1938年(昭和13年)3月に竣工

hakusuidam (3)

白水ダムを後にして阿蘇の平野へ降りました。

外輪山にも地震の爪痕があちこちあります。

hakusuidam (6)

そして再び山へ登り、下って行けばくまモンの街

hakusuidam (7)

続く

金龍山 臨江寺


素敵な庭がネットにアップされてたので見てきました。

そう言えば前を通ったことが何度かあるね(^^ゞ

 rinkoji (1)

美しく整備された庭園

rinkoji (2)

背景もお堂を引き立てます。

rinkoji (3)

京都の石庭もいいんでしょうけどこんな近くで見れるとは!!ありがたやありがたや(^◇^)

rinkoji (4)



rinkoji (5)

7福神の乗った船が波をかき分け走ってます。

rinkoji (6)

内側から見た楼門

rinkoji (7)

目立たないところに金色の観音様

rinkoji (8)



rinkoji (9)

エンマ様が居ました。

rinkoji (10)


金龍山 臨江寺HP

臨済宗妙心寺派  金龍山  臨江寺  住職:久保 元道

〒798-3301  愛媛県宇和島市津島町岩松830

TEL 0895-32-2703/FAX 0895-32-4623


三瓶から大崎灯台へ


ヨットで三瓶まで行き帰りは車で迎えに来てもらって帰りました。

しかしタダで帰るのはもったいない(^^ゞ

海岸線沿いを遠回りして帰ることに。

途中で見つけた重厚な門(‥;)

こんな立派な建物があるとは恐るべし三瓶(≧∇≦)

Inkedoosaki (1)


 海から眺めた大崎灯台へ立ち寄ってみました。

oosaki (2)
 
近代的な灯台はショボいね(^_^;)

oosaki (3)
 
海に向かってせり出した展望デッキ

oosaki (4)
 
三双碆で魚釣りの船がたくさんおります。

夜や時化た時は恐ろしい岩礁の三双碆ものどかな景色に見えますね。

oosaki (5)
 
灯台の周りはちょっとした公園風になってます。

oosaki (6)
 
灯台手前にある小高い丘の上にある東屋から明浜方面

oosaki (7)
 
灯台が下に見えるこの場所、ピクニックに最適やね(^_^)

ちなみに駐車場は手前にありましたが、ひじき干してて(これホント)入れなかったのでここまで車を入れた(と言い訳しておこう)

oosaki (8)
 
最新コメント
記事検索
新着記事
  • ライブドアブログ