工作

ハンディホーンの修理


某ヨットのハンディホーン(拡声器)が壊れたのでどうしましょ?と持ってきました。

horn (1)

あら?中心にあるコーンが折れてる。

horn (2)

 
まっすぐ付いてないと音がまともに出ませんな。

horn (3)


仕方ない。まずは分解してと。

horn (4)


部品点数が少ないね(^_^;)

horn (5)


折れたコーンの内側の芯のところを接着しないとダメなんですねぇ

horn (6)

接着剤はエポキシにしました。

どうやって真ん中に固定したのか?

画像を撮り忘れたので想像してね(^_^;)

固定した後隙間があると音がビビるので内側からもエポキシを充填して完成。

horn (7)

Gちゃん直ったけど新品買ったなら要らんよね( ̄∀ ̄)ウシシ♪

自転車のバルブ


すぐに空気が抜けると言うので虫ゴムを変えたらいいだけや。

虫ゴム持ってるしね~

でバルブを抜いたらどうも形が違うぜ(‥;)

最近のを見たこと無かったのでお初です。

検索したらこの形は「スーパーバブル十字切り欠き型」なんだって

balb (1)

もしかしてこの黒いゴムの輪っかが虫ゴム?

balb (2)

手持ちの虫ゴムは一応入れてみたけど使えません(x_x;)

もうしょうがない、自転車屋さんへお持ち込みしましたとさ

balb (3)



エコキュートの室外機が水漏れ



少し前から室外機の下に水が漏れて濡れるのです。

これはドレンが詰まってるなと思ってたんですが。

ecocurt (1)
 

ちょうど業者さんが来られて診てもらった。

排水パイプのところが詰まってるだけとのこと。

しかし内部に水が貯まると水分が回路の基板を痛めるらしい。

ecocurt (4)


抜いて

ecocurt (2)

ブラシ突っ込んで掃除して

ecocurt (5)


パイプの中は水を流してつまり解消(^^)v

「あんまりきちっと手入れして長持ちさせるな、儲からんじゃないか」とのお言葉を残しエアコンのプロは去っていった( ̄∀ ̄)ウシシ♪

ecocurt (3)


古いエアコン撤去


古いエアコンが不要になったので撤去していただきました。

室外機が高いところにあるので大変

aircon (1)
 
室内機は先に外して置いてます。

aircon (2)

暑いのにご苦労様です。

aircon (3)


aircon (4)


降ろすのは二人がかりです。

aircon (5)

外した室外機にアマガエルが乗ってました。

aircon (6)

そのまま軽トラに乗って旅立たれたアマガエルちゃんはいずこ・・・

aircon (7)

テーブル加工


台所で調理作業用のテーブルを制作しました。

元々ダイニングテーブルやったやつの幅を狭くしました。

それは簡単に手引きのノコで出来たけど(テーブル板を止めてる横木をカットするだけ)

長さを短くカットは厚みがあって途中で挫けた(x_x;)

角材に沿って間違って引いたノコ目が見えますな、くじけた跡です(^_^;)

正しい位置に鉛筆で線を入れて準備オッケー!!

teble (2)

某造船所へ持ち込みです。

teble (1)

 やっぱり道具が無いとねぇ

teble (3)

プロにお願いです(^^ゞ

道具があったら自分でも出来るのではあるが(-。-;)

teble (4)

位置決めして一発カット、仕事が速い\(*⌒0⌒)♪

teble (5)

カット出来たテーブル持って帰ってグラインダーで角の面取りです。

これくらいは自分でね

teble (6)

ひびの入ってるところは接着剤を流し込んでやります。

teble (7)

テーブル板の外れかけてるところはビス止め。

下穴開けて

teble (8)

横の元々のビス穴で深さ測ってテープで印をつけました。

鉄工ドリルだしインパクトドライバーだから

teble (9)

スピード速すぎて汚くなった(-_-;)

teble (10)

今度は慎重にゆっくり回していい感じ(^-^*)/

teble (11)

調理作業台完成!!(^^)v

teble (12)
最新コメント
記事検索
新着記事
  • ライブドアブログ