工作

テーブル加工


台所で調理作業用のテーブルを制作しました。

元々ダイニングテーブルやったやつの幅を狭くしました。

それは簡単に手引きのノコで出来たけど(テーブル板を止めてる横木をカットするだけ)

長さを短くカットは厚みがあって途中で挫けた(x_x;)

角材に沿って間違って引いたノコ目が見えますな、くじけた跡です(^_^;)

正しい位置に鉛筆で線を入れて準備オッケー!!

teble (2)

某造船所へ持ち込みです。

teble (1)

 やっぱり道具が無いとねぇ

teble (3)

プロにお願いです(^^ゞ

道具があったら自分でも出来るのではあるが(-。-;)

teble (4)

位置決めして一発カット、仕事が速い\(*⌒0⌒)♪

teble (5)

カット出来たテーブル持って帰ってグラインダーで角の面取りです。

これくらいは自分でね

teble (6)

ひびの入ってるところは接着剤を流し込んでやります。

teble (7)

テーブル板の外れかけてるところはビス止め。

下穴開けて

teble (8)

横の元々のビス穴で深さ測ってテープで印をつけました。

鉄工ドリルだしインパクトドライバーだから

teble (9)

スピード速すぎて汚くなった(-_-;)

teble (10)

今度は慎重にゆっくり回していい感じ(^-^*)/

teble (11)

調理作業台完成!!(^^)v

teble (12)

筆の修理


かみさんの趣味の習字の筆が壊れたと言うか、さきっぽが抜けて落ちてたんだって。

使いやすい筆らしいので修理依頼を受理!!

fude (1)

木工ボンドなら簡単ですが水に濡れるとダメになるのでここはエポキシですな。

60分硬化型が手持ちにあるのでこれで補修します。

fude (2)

塗り込んで挿して、はみ出た接着剤を拭き取ります。

fude (4)

完全硬化まで1時間、立てて置くのがよろしいかと

fude (3)



窓の面格子



中の荷物が無くなりついでに外の方に目が(^^ゞ

1階窓の面格子が少し飛び出て邪魔になってました(壁から120mm)

この窓は低いので問題ないのですが・・・

madogard (1)
 
台所の窓は位置が高いので面格子の下の角へたまに頭をぶつけます(;_;)

クッションになるものを付けたりしてごまかしてましたがやっぱり危ない。

そこで足を短くすれば問題ないだろうと角材を足にして付け直し。

壁から65mmになりました。

madogard (3)

これで当たったらよっぽど日頃の行いが・・・ね(^-^*)/

madogard (2)


古い食器棚の補修


水屋とも言いますな。

ガラスを留めているプラスチックの化粧枠が外れてました(-_-;)

このままでは使えないので貼り付けましょう。

周りを養生してからね。

mizuya (1)
 
戸と枠と両方にマスキング。

接着剤は木工ボンドが便利です。

mizuya (2)


乾くまで押さえてるわけにはいかないのでテープで押さえて。

mizuya (3)

浮いてるところは全部塗り込んでと。

mizuya (4)

乾いたのでマスキングテープ剥がして見たら若干浮きが(T_T)

実用上は問題ないのでこらえることにします(^_^;)

mizuyak

オートヘルム交換


先日の休日にMojitoのオートヘルム(自動操舵)を取り寄せ交換。

2週間ほど前に動作不良を起こしたので修理に出しましたが修理不能だったのでね。

元々付いてたコネクタベースは古いので付属のコネクタベースに交換です。

autohelm (2)

古いのを外して電源コードを接続。

プラスマイナスを間違えないようにっと(^_^;)

白いコードと黒いコードじゃ間違えようが無いと思われるでしょうが、コネクタのピン位置なんだよね。

何度も確認して接続後通電、テスターで電圧計ってOK!!

仮接続して動作確認後に船体側へ取り付けです。簡単すぎるところほどミスが多いので念を入れて。

autohelm (1)

作業後にヨットの後ろ側をボラの大群が泳いでました。

autohelm (9)

うようよとはこの事ですな。





最新コメント
記事検索
新着記事
  • ライブドアブログ